【イヴルルド遙華先生スペシャルインタビュー】激動の2020年と2021年に向けて心がけ

2020年は新型コロナウィルスによって、私たちの生活が大きく変わった年でした。uraraca+では、2020年がどんな年だったのか、2021年からどうかわってくのかを、ELLE ONLINEやi-VoCEに占いコンテンツを提供し、様々なテレビ番組で占いコーナーを担当するイヴルルド遙華先生に伺いました。

2020年の運気は「愛を知る」という年

2020年はコロナの影響で緊急事態宣言が発令されたり、東京オリンピックが延期になったりと激動の年になりつつありますが、「占い」からみた今年2020年の人々への影響について教えてください。

2020年は愛を知る、愛をはぐくむ1年になると去年からずっと伝えてきていましたが、やっぱり今年は、コロナウィルスの影響もあって強制的に愛を知る年になりました。

「あの人を好きだな」って思えたり、お付き合いしてる人がいるのであれば「一緒にいたい」と思ったりして結婚したカップルもいれば、逆にずっと一緒にいることでコロナ離婚になった人もいます。

不倫中のカップルにとっても2020年は分かれ道の年となりました。会えないことで自然消滅するカップルもいれば、会えないからこそ奥さんよりも彼女と一緒にいたいという思いが強くなった人もいらっしゃったりして。

誰にとっても、恋愛だけじゃなくて人間関係においても、その人のことを好きなのか改めて気づくと同時に、自分自身も愛されてるのか、信頼しあえているのかということが知れる年です。今年1年は、近寄りたくても近寄れないって悩みを抱える人もいれば、遠距離だけど会いたいからこそ結婚する人もいらっしゃいました。二人の温度差や意識を確認することができ、愛を考える、向き合うという意味ではとってもいいときだったとおもいます。

2021年は風の時代。価値観が大きく変わる年

2020年も残すところあと少しですが、2021年はどんな一年になりますか?

2021年からは、自分で自分を自覚して、責任をもって生きていかなければなりません。人頼み、会社頼み、誰か頼みではいけないんです。自分がどうして行きたいか、自分がどうするかを、自由でありながらも試されるというか、実力や人間性を問われるようなシビアな1年になります。

占い界ではよく言われているのですが、今まで200年近く土の時代だったものが、これから風の時代という全く違うものになります。

土の時代は、地層を作っていくように1日1日を積み重ね、長期間にわたり形にしていくものでした。一つのことに集中していく時代で、いい大学に行っていい会社に勤め、家を持つといった、物質的な豊かさに価値をおいていました。

しかし2020年末からは風の時代に変わります。風とは目に見えないものですので、ウィルスが流行ったのも風の時代の特徴のひとつです。コロナウィルスはきっかけにすぎず、ウイルスや大気汚染、環境問題などにおいてもどんどん考えさせられる時代になっていくでしょう。

また、風とは突然吹いてきて、どこかに流れていくものですので、境界がありません。風の時代はボーダーレスなんです。

2021年は自由でありながら自由でなくなる!2021年に心がけるべきことは?

紙飛行機
「風の時代」に乗るため、2021年にむけて心がけておくことなどありますか?

スマートフォンやパソコンも風のアイテムなのですが、それらがある時代に生まれた子たちは風に乗りやすいです。生まれたときからYoutubeがあって、iPadを使ってるような子たちはすごく柔軟。今の3~40代の人たちはネットに対する怖さをもってたりしますが、今の小学生は、Youtubeを始めたり、教えられなくてもスマホの操作が上手だったりして、小さなころから自己発信する場を軽く作ってしまったりします。

昭和の人間は、「これをしなければこれに行きつかない」という風に考えがちですが、いきなり0から100を生み出す若者がこれから生まれてきます。中学生で企業しちゃうような人や、SNSで発信することで小学生でイラストレーターとしてのお仕事が依頼される人など、得意なことを発信したらスカウトされるような時代になりました。

コツコツやらなければ到達できないと思い込むマインドの重たい昭和の人間は気を付けましょう。風の時代に乗るには、いかに柔軟な頭と心でいられるか、軽やかでいられるかが大事です。

また風の時代は、自由でありながら自由でなくなる、当たり前だと思ってたことがそうでなくなる時代です。私の時代では当たり前だったような、結婚して籍を入れて子供を産むということも、ボーダーレスな風の時代に入ると、事実婚や恋愛レス、ジェンダーレスとか……自由でありながらも、自分のことをしっかり持っておかないと、よくわからない時代になりますので気を付けましょう。

まとめ

土の時代から風の時代に移り変わる節目である2020年、コロナウィルスはまさに時代を象徴するような出来事でした。多くの人々が生き方に変化を強いられましたが、時代が変わったのだと考えると納得させられます。

イヴルルド遙華先生によるとこれからの時代は、今までの固定観念に縛られるのではなく、ボーダーレスであることを受け入れながら、自分自身がどうあるべきかを自覚して、柔軟な頭と心で時代の波に乗ることが大切だということでした。

次回は、土の時代から風の時代に移り変わる中で、恋を叶えるにはどうすればいいのかを引き続きイヴルルド遙華先生に教えていただきます。

第2回インタビュー

2020年は外出自粛によって働き方や生活が大きく変わってしまい、恋愛においてもこれまでのように誰かと出会ったり、気になる人とデートしたりといったことが難しくなってしまいました。そんな状況で恋を叶えるにはどうすればいいのか、ELLE ON[…]

イヴルルド遙華 恋の叶え方
イヴルルド遙華の名前占い
>”本当に叶う”感謝の声多数「電話占いウララカ」

”本当に叶う”感謝の声多数「電話占いウララカ」

「つらく切ない恋をしている」
「大好きだった彼と再び結ばれたい」
「秘密の恋、禁断の恋…だけど本気」
「あの人の気持ちが分からない…」

そんなお悩みをお持ちの方、一人で悩まないで下さい。
厳しい審査を通過した経験豊富な”本物”の占い師があなたのお悩みを解決に導きます。

【初回限定キャンペーン実施中】
初めて電話占いウララカをご利用の方限定!
お試し2400円分(最大10分)鑑定プレゼント

CTR IMG